求人を探すにはまず目的を決める-チョチョイスワーク-

職種を学ぶ

赤い服の外国人女性

将来就職する際にアパレル業界で働きたいと考えている場合、とりあえずアパレル会社の派遣で経験を積むことも悪くないでしょう。アパレル会社と言っても仕事の内容はいろいろあります。完成した商品を売りたい場合は営業職がいいでしょうし、商品のデザイン等を考えて開発をしたい場合は企画部門の職種を目指すと良いです。ただし、それらの職種も楽しい反面、厳しい部分もありますので、そういった部分を派遣社員の間に学んでおき、自分がチャレンジできそうな職種を考えておくと将来的に役に立ちます。アパレル業界に派遣で入って先々は就職を考えるということはそれなりにファッション関係に興味があるはずですので、正社員の人とファッションの話を雑談の際などにして仲良くなっておくと良いです。

営業や企画以外にもアパレル関係の仕事内容は幅広くあります。例えば生産管理部門です。これは言ってみれば営業と開発の中間地点に属する部門で、開発して大量生産に入った工場の生産が予定通りに進んでいるかを管理する仕事です。営業部門は商品が予定通りに出来あがって入荷することを前提に営業スケジュールを考えていますので、納期が遅れることは会社にとってダメージとなるのです。従って生産管理も重要な職なので、派遣のうちに経験しておくといい経験になります。また、マーケティング部門もあります。これは年間のうち、どの季節にどういった商品を発売するかという中長期的な会社の商品戦略を考える仕事です。これも重要な仕事で、船でいえばかじ取りのような役割です。従って非常にやりがいのある仕事なのです。